求められる対人的要素

ここでは、実際に看護師をされている方からの意見を参考にして、看護師に求められる対人的要素をまとめます。

【意外と大事な第一印象】
当然かもしれませんが、看護師にとっても第一印象をよくすることは重要です。人は見かけで判断される場合が意外と多いものです。自分を担当してくれる看護師が冷たい印象に見えたり怖い人だと思われれば患者との良好なコミュニケーションが取れなくなってしまいます。また、あまりに忙しそうな雰囲気を出すと話しかけづらいように思われます。基本的な身だしなみができていなければだらしない人だとか不健康な人に思われてしまうものです。

【重要な人間味】
不安を抱えた患者にとってみれば、看護師が温かい人間味のある対応をしてくれることが何よりありがたいものです。仕事だから仕方がないと業務的な対応をしてはいけません。看護師が患者を観察し情報を得ることは必要ですが、病気や怪我で悩んでいる人に「いかにも調査をしています」といった聞き方では余計に不安にさせてしまいます。患者の気持ちを考えながら話を傾聴でき、真剣に対応できることが必要となります。

【ただの話し相手では駄目】
患者の話を聞くことはとても大切ですが、何となく聞いているだけではただの話し相手でしかありません。看護師である以上問題解決の視点を持って話を聞いてください。病気の相談を受けるにしても根拠やリスクなどの専門的な情報や見通しを分かりやすく伝える能力が必要です。患者としても根拠のない安易な励ましは聞きたくないものです。

【話題の多さ】
多くの患者と触れ合う看護師にとってどこでどんな話題が役に立つか分かりません。いろいろな所から知識を仕入れて医療以外の話題にも耳を傾けましょう。浅くとも広い知識を持っていることで多くの人と話ができるようになります。さらに、病気だけでなく生活面や人生の相談にも乗れればさらに患者を継続的に支援することができます。

【適度な線引きを】
患者は家族ではありません。不用意に患者に感情移入してしまうと共依存関係になってしまうこともあります。患者との接触はあくまでも仕事なので、看護師は冷静に職業人として行動しなくてはいけません。自分の中で一定の線引きをしておくこともまた必要です。

【餅は餅屋】
看護師の仕事は幅広くありますが病院の全てを万能に行うわけではありません。病院には栄養士やソーシャルワーカーといったそれぞれの得意分野を持った別の職種の方がいます。患者のトータルケアを考えたときにはそういった別分野の担当者や医師との連携も大切です。全部一人でやってしまおうとすればかえって手間が増えたり、患者に不正確で中途半端な話を伝えてしまうことにもなりかねません。自分の範囲を見極めつつ他の職種とつながることも重要です。

【チームプレーの大切さ】
看護師は決して一人で仕事をしているわけではありません。個人プレーをせず、他の看護師と連携しなければいけません。看護師全体でチームとなり、お互いに情報を共有して仕事を進めなくてはなりません。医療事故を防ぐ観点からも患者への対応や注意点など常にチームで方針を決め均質な対応を提供しなくてはなりません。

これらの要素は現場によってもどこに重点を置くかが変わってきますが、どれも基本的な事項です。こうして取り上げてみると看護師にはどれだけ対人的なスキルが求められているかが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です